ナルニア国物語 Le Monde de Narnia chapitre 1

映画館にナルニア国物語(原題:The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe)を見に行った。
迫力があってなかなか楽しめた。やっぱり、映画は映画館で見るのに限る。

残念だったのは、途中から熟睡してしまったこと。最後のメインのところにはなんとか間に合ったのだけど、始まってしばらくして断続的に、そして中盤からはすっかり意識が飛んでしまった。

おもしろかったんだけど、寝不足だったのと、フランス語の吹き替えでよく分からなかったことが原因?

昔、ハリーポッターの第1作で同じようなことをした。そのときも映画館で、中盤から先が全く記憶になく、エンディングで目が覚めた。次の日にもう1回見に行き、今度は中盤で目が覚め、2回で1作を見た。外国の安い映画館だったので、日本で1回見に行くよりは安かったのだけど...

映画を見に行くときは、しっかりと睡眠をとって、体をリラックスさせていくことが大切かも...


人気blogランキングへ☆ ←参加しています。


| | Comments (6) | TrackBack (3)

ハービー 機械仕掛けのキューピット

しばらく前は、グルメブログ系に走っていたが、最近は映画ブログ系のようだ。
ということで、今度は、ハービー 機械仕掛けのキューピット(原題:Herbie - Fully Loaded)。

内容はごくありふれていて特筆することもなく、目新しいことはなかった。多分、ターゲットが違うのだろう。とはいえ、フォルクスワーゲンビートルがナイト2000のように意思を持って走り、ナイト2000よりも多彩な動作が可能というのはいい。車が色々走り回って楽しいのだ。

そういえば、シンデレラの予告編でハービーをやっていた。ハービーもディズニー映画のようだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

マダガスカル

050930子供が見たというマダガスカルを見た。子供向けなんだろうけど話題の作品だから見ておこう。

内容よりもまず、ニューヨークの街が懐かしかった。セントラルパーク動物園には、白熊やアシカはいたけど、ライオンもキリンもカバもペンギンもいない...けど、まあいいか。いかにもニューヨーカーという動物たちがいい。

グランドセントラルステーションも、本物そっくり!

それはおいておいて、ペンギンが楽しかった。かわいく、よちよちというペンギンのイメージが変えられた。これから動物園でペンギンを見る目が変わるかもしれない。

マダガスカルではライオンのショーが大人気だったけど、本物のセントラルパーク動物園ではアシカのショーが大人気だった...という思い出の写真を一枚。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Charlie et la chocolaterie

今日は、チャーリーとチョコレート工場(原題:Charlie and the Chololate Factory)を見た。フランス語なので、すご〜くあいまいにしか理解できない。映画館で皆が笑っているシーンで一緒に笑えないのはかなり寂しいものだ。昔英語の授業で外国人の先生のジョークがわからなかったときのことが思い出される... はじめてフ
ランス語で見たミスターインクレディブルは、語学力がなくても楽しめたなぁ。

単純におもしろかった。なんでインド?のシーンが?とかさっぱりわからなかったけど、(語学力を必要としない)ウンパ・ルンパのダンスシーンなど笑える。ストーリー自体は、チャーリーそれは犯罪だぞ!(アメリカではOK?)とか、子供たちがあまりにも特異すぎるとか、色々気になるが...

さて、一緒に見た息子は、映画館3回目で初の実写版。行く前はかなり楽しみにしていたが、途中のシーンが怖かったようだ。帰ったら楽しかったと言っていたからよしとするか。

次は何を見に行こうかな。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

le Chateau Ambulant

今日は、ハウルの動く城(le Chateau Ambulant)を見に行ってきた。
昨日に続いて2日連続の映画。昨日Les Indestructiblesで映画館デビューした息子もいい子していたから、調子に乗って。
面白かった。確かに盛り上がりに欠けるといえばかけるけど。キャラクターは、どれもどこかで見たようなのだった気が...
今回も無事見てくれたから、これからもぼちぼち行こうかな。

| | Comments (345) | TrackBack (0)

Les Indestructibles

今日は、Mr.インクレディブル(原題「The Incredibles」)を見に行ってきた。ピクサーの映画。フランス語に吹き替えなので、ほとんど分からなかったけど、笑えた。
息子は、映画館初挑戦ということで、ちょっと不安だったけど、無事最後まで静かに見られた。家に帰ってから、そこら中を猛スピードで駆け抜けるというおまけ付き!
予告編はPIXARのサイト

| | Comments (3) | TrackBack (0)