« 青函トンネル記念館に行く | Main | 函館朝市 »

龍飛埼、そして階段国道339

ここまで来たらあと一歩で龍飛崎。

行かないわけには。

0908tmisaki1

竜飛埼灯台、そして津軽半島の最先端、龍飛崎に。

0908tmisaki2

なんだかこういうさきっちょまでくると満足してしまう。「ここに地終わり海始まる」を味わう。といってもここでは本当は、北海道を望みたかったのだけど、霞んでいて見えなかった。残念。

帰りは一寸寄り道。

あの有名な階段国道。怪談ではなく、階段だからすごい。観光バスもわざわざ立ち寄って、ガイドさんの案内で大量の観光客が歩いている。

このあたりで一番混雑している国道かもしれない。

0908tmisaki30908tmisaki40908tmisaki5

入口には案内の看板があり、そして国道の標識も。
途中からは、ジグザグしていき、なかなかの難所。

人気blogランキングへ☆ ←参加しています。

|

« 青函トンネル記念館に行く | Main | 函館朝市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

標識・看板・変わったもの発見」カテゴリの記事

Comments

ご覧あれが龍飛岬、北のはずれと~note
いつか、曇るガラスを指で拭いてみたいと思ってたのに、青函連絡船はもう無いのですね・・・(笑)sweat01
でもやっぱり、東北って素敵、行きたくなりましたup

Posted by: vivian | August 17, 2009 at 08:23 PM

vivianさん、コメントありがとうございます。
こんなところまで来ると、もう、周りの景色もなにもかにも別世界でした。

Posted by: miyaccha | August 24, 2009 at 11:16 PM

Wow that was odd. I just wrote an really long comment but after I clicked submit my comment didn't appear. Grrrr... well I'm not writing all that over again. Anyways, just wanted to say excellent blog!

Posted by: Rachele | June 03, 2014 at 07:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39769/45903219

Listed below are links to weblogs that reference 龍飛埼、そして階段国道339:

« 青函トンネル記念館に行く | Main | 函館朝市 »