« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

紙物語

指輪物語、ナルニア国物語を越えるファンタジー登場!   の話ではなくて、とある子供服屋での出来事。

よく行く近所の子供服屋に息子のTシャツを買いに行くと、先日村上春樹の小説の話でちょっと盛り上がった店員さんが応対してくれた。さすが世界の村上春樹。フランスには日本びいきの人をよく見かける。

その店員さんに息子のTシャツを買いに来たことを告げると、いくつか候補を出してくれた。そしてその中の一つを出してくれたとき...
これは日本語?何が書いてあるの?
と聞かれる。
書いてあったのは、「紙物語
えっっっっと、最初の1文字は、『パピエ』(紙)で、次の2文字は『イストワー』(物語)...
どんな物語?
...そんな物語聞いたことない。
と一同にへんなの~という空気が流れる。

このTシャツ、他にもでっかく『』って書いてあったりとかなり挑戦的なデザイン。

さすがにフランスで着るとアイデンティティを失いそうなので、他のTシャツをお買い上げ。

という、外国でよく出会う瞬間であった。

人気blogランキングへ☆ ←参加しています。

| | Comments (135) | TrackBack (0)

Pignolのケーキ

リヨンの美味しいケーキやといえば、ポールボキューズで出てくることでも有名なベルナシオン。そしてベルクール広場の近くにあるピニョールも美味しいと有名だ。

ということで、久しぶりにピニョールでケーキを買って食べる。入ろうとすると中にはたくさんの人が列を作っていた。中で食べる人やお持ち帰りの人が色々なケーキを注文している。我が家も夜のデザートに食べるケーキをいくつか買う。

そして、夜、フランボワーズのケーキやピスタチオのケーキ、チョコレートのケーキなどなどを食べたのであった。もちろん美味しかった。

0603pignol

人気blogランキングへ☆ ←参加しています。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

マイコレクション

Thenetherlandsさんが「From Holland」でコレクションを紹介されているので、同じようにマイコレクションを紹介してみよう。

じゃじゃ~ん!

0603pins


それは、旅先で買ったりした「ピン」。数えてみたらなんと105個。

たまればたまるものだ。1個3ユーロとして...そんなにつぎ込んでいたのだ!と改めて驚いた。

色々集めたピンの中で一番多いのが都市の紋章をかたどったピン。ヨーロッパで多く見かける。そもそも集め始めたのがジュネーブでタバに入ったときにふと目に付いた紋章のピンだった。ライオンが「がおぉ~」ってしていたりとか、かっこいいのが多い。

つづいて多いのが、風景のピン。これはこれでいいのだけど...ちょっともの足りない。マッターホルンが浮き出ているのは格好良くて好きなんだけどね。

建物の形のピンも結構ある。ピサの斜塔やピラミッドなんかはそのまんまだ。そして乗り物も。スペースシャトルやポルシェなど。

変わったところでは、香港のよくわからない鍋物、ガウディのサグラダファミリア教会の塔のさきっちょ。

最後に国旗。これはありふれていてちょっとつまらない。ブラジルは地図の形でちょっと頑張っているが。

という大量のコレクション。これからも増えていくことでしょう。世界地図に張り付けるとどこに行ったのか一目で分かる。そして、ピンが買えなかった町は...今度こそ見つけるぞ!

人気blogランキングへ☆ ←参加しています。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ビューニュ

先日のMardi Grasのカーニバルの記事で触れたBugne(ビューニュ)、Perbacco 気まぐれフォト・ブログ」のYOKOTAさん、「100年旅をしていたい」のvivianさんの情報によると、イタリア・フィレンツェのCenci(チェンチ)、アメリカ・ニューオーリンズのBeignets(ベニェ)とそっくりとのこと。インターネットで検索してみるとどちらとも同じもののよう。

カーニバルの時期には、他にもいろいろなところで揚げ菓子が食べられているようで、色々な名前が付けられているみたい。

リヨン近郊ではビューニュと呼ばれるこのお菓子も、ポプラさんの「フランスのおへそのアパルトマンから・・・」によるともう少し北ではニューオーリンズと同じくベニェと呼ばれているようだ。イタリアでは、t-fortunatiさんの「うちの食卓 Non solo italiano」、ねるさんの「イタリアごろごろ猫記」によると他にはChiacchiere(キャッケラ)、lattughe、bugie、sprelle...などの名前があり、ドイツや北欧ではちょっと違った形の揚げ菓子を食べるそうだ。

うちの近所で売っているのは、2種類。まずは、こちら。

060306


ドーナツ風の揚げ菓子でパン屋でよく売っている。
つづいて、こちら。

060306-2


これは、さくさくのパイ風の揚げ菓子で、こちらはケーキ屋でよく売っている。
といっても両方売っている店が多いのだが...
今回買ったのは、ケーキ屋。やっぱり、パイ風のビューニュが美味しかった。去年パン屋で買ったときはドーナツ風のビューニュが美味しかった。パン屋のビューニュ、ケーキ屋のビューニュと呼ばれるだけのことはある。

ということで、ちょっと遅くなったけど、せっかく色々なコメントを頂いたのでビューニュについてちょっと調べてみたのであった。

人気blogランキングへ☆ ←参加しています。

| | Comments (27) | TrackBack (1)

フランスで日本の童謡

息子の友達へのプレゼントに日本の歌が入ったCDを買った。

最初は、フランスでも大人気のアニメのなにかをプレゼントしようと、「となりのトトロ」を探したのだけどみつからず、店員に聞くと「ない!」とコンピュータを叩きもせずに返事が返ってきた。
何で調べもせずに分かるの?
そんなに何回も聞かれるくらい人気?
日本のアニメは大人気ででっかいコーナーに山のように日本のアニメDVDが並んでいるから、その可能性も否定できない?

と思いながらも、仕方がないから他のDVDを探す。

が、どれをとってみても小さな子には怖いんじゃない?とかこんなの親が嫌がるよ~とかなかなかいい作品が見つからない。

ということで、DVDを諦めて、CDコーナーへ。
そこでみつけたJAPONというCD。

家に帰ってよく見ると...ソーラン節とか五木の子守唄とか...ほかにも名前も聞いたこともない古そうな歌も...
一体何人の日本の幼稚園児がこんな歌を聞いている?

息子の友達、もしかして日本についてかなり間違ったイメージを植えつけられる...

カゴメとかサクラとかもあるからまあよしとするか...

人気blogランキングへ☆ ←参加しています。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »