« フランスから初日の出を拝む | Main | ナルニア国物語 Le Monde de Narnia chapitre 1 »

日本的元旦の過ごし方

元旦は、朝から初日の出を拝みに行ってきたのだけど、神社はないので初詣には行くことができない。

そこで、精一杯日本的な元旦を過ごす。

まずは、福笑い。紙を切って作る。色々な顔ができて子どもたちも大喜び。

つぎは、カルタ。子どもの学習誌の付録を引っ張り出す。息子もひらがなが読めるようになって元気に参戦。ただ、字よりは絵で覚えている気配。

最後に、剣玉。これは、以前日本から送ってもらった。まだ子どもたちには早いようなので、大人が楽しむ。

おまけに、紙風船でバレーボール。一応羽つきの代わり?

とことん遊ぼうと、ビーチボールでバレー大会、ペットボトルのバットで野球大会と散々遊び倒した1日だった。

そして、2日からは、平常どおりの生活。もう正月気分なんていってられない。そもそも正月気分にもなりきれていなかったけど...


人気blogランキングへ☆ ←参加しています。

|

« フランスから初日の出を拝む | Main | ナルニア国物語 Le Monde de Narnia chapitre 1 »

行事」カテゴリの記事

Comments

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

剣玉は私も子どもの頃によく遊びました。と言っても、一回のせるのが精一杯ですが。miyacchaさんの剣玉の腕前は?

Posted by: チーズケーキ | January 03, 2006 at 05:18 AM

あけましておめでとうございます。
今年のブログも楽しみにしています。

日本にいるより日本人的なお正月を過ごされているようですね。
もしかして、お正月らしい料理もあったとか???

Posted by: パンダシール | January 04, 2006 at 10:59 PM

チーズケーキさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
剣玉の腕前たいしたことないです。この日は一回だけ「もしかめ」(もしもしかめよを歌いながら一番大きなところと尻尾のところを行ったり来たり)を最後までできました。

Posted by: miyaccha | January 05, 2006 at 12:25 AM

パンダシールさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

外国にいると日本的なものに敏感になり、がんばってしまいます。
巻寿司、黒豆が和食で、あとは、サーモンとかフォアグラとか食べました。

Posted by: miyaccha | January 05, 2006 at 12:39 AM

ご挨拶遅くなりました。
今年もよろしくお願いいたします。

そんな海外での正月の過ごし方もあるのですね!
僕はもっぱら飲み正月、寝正月と言う感じでしたが…

そうですね、こちらも2日から平常営業です。
日本は三が日、こっちは平日、なんか変な感じじゃないですか?

Posted by: YOKOTA | January 07, 2006 at 07:30 PM

YOKOTAさん、今年もよろしくお願いいたします。
ヨーロッパでは、本当に日本的な年末年始の気分になりにくいですね。昨年は、クリスマスの朝、年を越したような気分になりました。そのせいもあって、年明けはがんばって日本風にしてみました。

Posted by: miyaccha | January 15, 2006 at 06:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39769/7972221

Listed below are links to weblogs that reference 日本的元旦の過ごし方:

» 旅行関連新着ブログ紹介 [高級旅館・高級ホテル宿泊予約]
TB失礼します。当ブログで旅行関連おすすめ新着ブログとして紹介させて頂きました。 [Read More]

Tracked on January 03, 2006 at 06:01 AM

« フランスから初日の出を拝む | Main | ナルニア国物語 Le Monde de Narnia chapitre 1 »