« この階段を登ると | Main | リヨン市庁舎はすごい豪華 »

壁画がつづいたその次は、レンブラントの夜警で有名なアムステルダムの国立博物館

050916壁画の話題がつづいたので、次はこの写真。

これは、壁画ではないけど、建物の壁一杯に大きな標識がかかっている。この建物は、アムステルダムの国立博物館。

なかでは、世界三大名画の一つにあげられるレンブラントの夜警を見ることができる。他にもフェルメールの牛乳を注ぐ女があったりと、充実したコレクションが見られるが、外ではこんなことが行われているのであった。

柵がしてあり、歩行者専用道路も自転車専用道路も通れないようだけど、これはこの辺りが工事中だからだろうか。ぜひ、通ってみたいものだ。

|

« この階段を登ると | Main | リヨン市庁舎はすごい豪華 »

旅行・地域」カテゴリの記事

標識・看板・変わったもの発見」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39769/5980666

Listed below are links to weblogs that reference 壁画がつづいたその次は、レンブラントの夜警で有名なアムステルダムの国立博物館:

» アムステルダム [首都の旅]
アムステルダムアムステルダム(Amsterdam)はオランダの首都。但し、行政の中心はハーグにある。アムステルダムは、商業と観光が中心の町。元々は小さな漁村で、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。「アムステルダム」という名前はこれから由来している。16世紀には海運貿易の港町として...... [Read More]

Tracked on October 17, 2005 at 07:59 AM

« この階段を登ると | Main | リヨン市庁舎はすごい豪華 »